卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:淘宝

 最近中国から卓球用品を取り寄せるとき、利用する店を絞りつつあって、品揃えと価格と対応の早さから「北京航天乒乓 鉄道乒乓」という店がそれにあたる。
 今回は自分で注文するつもりはあまりなく、つじまるさんに頼まれたテンキョクブルースポンジが138元のも498元のも同じブルースポンジなのかと質問しただけだった。
 すぐに返事が来て安い方のは品切れとのこと。
 ブルースポンジかどうかは結局わからず、「ラバーはあなたの打法、プライスライン、ラケットに合う物をみるといい」とか、よくわからない返事がきた。
 ここで店は代替商品をすすめてくる。 
 
 金力度 というラバーで、中国の省チーム 韓国のナショナルチームも使用している、キョウヒョウの替わりになるラバーらしい。
 260元の通常タイプと、350元のナショナルチーム用の2種類がある。
 そして、なんと、今回に限り、私だけに特別なご提案があるという。
 260元を170元に、350元を299元にしてくれるという。

 わお! 何てお得! 

 どんなラバーかよく分からないが、これは買うしか無かろう。
 299元はちょっと高いので、170元にする。
 教えてもらった購入方法は、
 ①普通に買い物カゴに入れる
 ②集計して合計金額が表示される画面まで行く
 ③この画面がでると、店は注文として受理し、買い手が決済するのを待つことになる
 ④注文を受理した段階で、店が合計金額を操作し、提示した金額で買えるようにする
 
 言われたとおりに進めると、チャット画面で「修正したよー」的なメッセージが出て、再度注文画面を見ると合計金額が通常注文より大幅に下がっている。
 
 決済してメッセージを送り、注文自体は完了。

 次に私は前から試して見たかった事にチャレンジした。
 それは注文した商品と一緒に中国メーカーの用具カタログを送ってもらうこと。
 紅双喜かなんかのカタログ(中国語翻訳サイトでは目録と表示)を送ってくれー、と頼んだら「目録って何?」と返事。
 他に言葉も浮かばないので手持ちのSTIGAとandroのカタログを写真で送った。
 私 「ほらー、メーカーが作る商品が載っている冊子だよ。中国には無いの?」
 店 「ああ(笑) わかりました。紅双喜は最近作っていません。銀河ならあります。」
 私 「ありがとう」
 店 「どういたしまして」

 のようなやりとりがあり、多分銀河のカタログを同梱してくれるはず。

 これで終わりでは無く、つじまるさんに依頼されたあるラバーが品切れと判明。
 店 「不打底は品切れしてしまいました。打底と替えますか? 打底の方が料金高いけど追加料金はいりません。どうしますか。替えましょう」
 つじまるさんに確認の上、替えてもらうことに。
 私 「打底に替えて下さい」
 店 「替えました。不打底は152元 打底は178元 追加料金はもらいません (あなたは得しましたね、というニュアンス 多分)
 私 「ありがとう。それでお願いします」
 店 「どういたしまして」
 
 そしていつもの握手と乾杯のスタンプが表示されて終わり。

 品切れしたら、ごめんなさいねハイ終わり ではなく他の商品をお得プライスで提案したり、中国語の通じない変な外人客のトンチンカンな話にも一生懸命対応してくれる。
 これはこの店に限ったことでは無く、たいていどのショップもこんな感じ。
 この話は中国人の対応が素晴らしいということではなく、その丁寧な対応の背後にショップ間の熾烈な生存競争があることは明白で有り、どこも大変なんだなあという話なのだ。
 
 ついでにあの欲しかったペンギン柄のラケットケースはやっぱり買えないらしい。
 ラケットケースペンギン





























 規制で中国国外には販売できないようなのだが、どの辺りが駄目なのかさっぱりわからない。
 残念である。
 

 紅双喜のドイツ製テンションラバー。
 詳しくはぐっちぃ氏のブログを見て欲しい。というかぐっちぃ氏のブログを読んで欲しくなったのだ。
 好きだった廃番ラバー、ターゲットアルティマに似ているというところがポイント。 
 先に買った金弓8より金弓5の方に出番が来る。
 最近お気に入りの淘宝内ショップ、北京航天 にて購入。
 割引きが入って111元。( 日本円で¥1800くらい)
 紅双喜の最新ラバーで¥1800なら安い。
 中国のどの店でも在庫は潤沢に持っていて、決してレアなラバーではない。淘宝のアカウントを持っていればあっさり購入できる。
 しかも細かく厚さや硬度を選べて、通常47.5度くらいの金弓5も42.5度という軟らかめの物を購入できる。厚さも中国製にありがちなマックスのみではなく、バック面を想定して中厚を選ぶことが出来た。
 カット後重量44g。硬度と厚さを考えると重め。 
 スワットのフォア面に貼ったオメガVツアーDFが調子よく、バック面を決めたかったのでこのラバーの到着を待っていたのだ。

・・・感想・・・
使用ラケット スワット
バック面で使用

 まさにバック面用ラバー。スポンジの見た目はプラクソンに似ている。
 軟らかい硬度を選んだので、ぐっと食い込ませてから弾き出す打ち方に適している。
 安定感があり回転もかけやすい。
 グリップ力は最新のラバーらしく高性能で、打球はやや上方向に飛ぶ。
 メインで使用しているヴェガアジアDFに似ているような気もする。
 ツッツキはひっかかる感触が有り、低く安定して速い。 
 勝手に飛んだりポワンと浮くことも無く、 自分で打っている感覚が強い。
 価格も安く比較的入手しやすいので、バック面に困った時用にまとめ買いしたいくらいだ。

 金弓5金弓52


ラケットケース中国












 こんなラケットケースを見つけたら、誰だって欲しくなる。
 アルファベットでは無く漢字で中国卓球何とかと書いてあるのがまた良い。
 国旗とリストバンドとサイドテープがおまけに入ってなんと¥2700くらい。
 今まで色々淘宝を利用して気が大きくなっていた私は早速注文したのであった。
 いつもにも増してさくさく進み、国際便の集荷所まで届いて、後は国際配送料の支払いをしようと思って調べたら、私の嫌いな文字が・・・
 
 禁运品 

 また密輸扱いか。禁令に違反する品物って、どこに引っかかったのやら。

 神龍木の時は本当に欲しかったので1月くらいやりとりして何とか手に入れたが、今回はラケットほどでは無いので諦めようかとも思ったが、一応店に連絡。
 哈尔滨前前体育 という初めて利用する店なのだが、神龍木店より話が早く、明日理由を確認してくれる事に。
 前回の時もそうだったのだが、結局理由はよく分からない可能性が高い。
 送料と手数料がかかっても、本当に欲しいのなら代行を利用する方が確実なのだろう。
  

 淘宝で注文したラケットが本日到着した。檜単板シェークラケットで、デザインも良く高級感がある。グリップエンドのプレートも金で格好良く、グリップの意匠も凝っていて素晴らしい。グリップの仕上げもきれいでスベスベとした肌触りで握っていて安心感がある。これで約¥3618って安いよね。
 ついでに注文したラケットケースも前回の銀河のケースとは異なり、ジッパーが金で滑りも良くなかなか格好いい。これで¥285円って、お得でしょ。
 そのほかにオリジナルサイドテープとオリジナルラバーレストが2枚入っている。
 送料が¥2995かかったが、満足度は非常に高い。
 唯一の誤算はラケットの重量。
 128gって、シェークなのに片面しか貼れないじゃん!
 
そういえばWRMのxia氏とチャパリータ氏の動画を見ていたら、単板は重ければ重いほど良いようなことを言っていた気がする。
 剛力なんて目じゃないね。
 表裏合わせて60gという極限の選択を迫られるわけだ。
 ラケット1
ラケット5
ラケット2
ラケット4
ラケットケース
ラバーレスト
バーコード

 

 中国のネットショップで卓球用品を注文したいと考えている全国約100人の皆様へ。



 中国のネットショップを利用するためには翻訳サービスが不可欠なのだが、スマホでアプリが用意されているgoogleアプリが使い勝手が良い。google翻訳は手書き入力が可能なので、中国語から日本語への翻訳はこれが無いと私には不可能である。
 スマホのgoogle翻訳アプリは、翻訳したい範囲を選択してコピーすると、フローティングウィンドウで翻訳結果を表示してくれるため操作性に優れる。
 問題なのは翻訳の精度だ。
 結論から言うと、Excite翻訳の精度が高い。
 
 以下比較
 google翻訳
 「あなたのパッケージ0000000000000にプロのクエリは、それが患者ああ受領してくださいとすぐに私たちの会社が送付されます支払わ」

 Excite翻訳
 「キスします あたなの小包の000000000000まで(に)検索します すでにお金を支払いました 我が社は出来るだけ早くあなたの為に出荷しました 根気よく商品受け取りを待って下さい」

 どうだろう、Excite翻訳は「キスします」以外は普通に意味が通るが、google翻訳は意味が分からない。
 ここでの例以外でも万事こんな感である。

 手書き入力といいアプリの使い勝手といいgoogle翻訳は無くては困るのだが、肝心の翻訳がイマイチなの残念でならない。
 今見たらExcite翻訳を始め、多数の翻訳アプリがあるようなので気になった方は、あれこれ試して見るのもいいかもしれない。
  

 淘宝内のショップ 神龙木体育用品乒乓球にラケットを注文中なのだが、普通に注文すると中国国内のみの運送費しか支払ったことになっておらず、商品は空港で足止めされているらしい。
 国際運送費を支払わないと先へ進めない仕組みのようだ。
 悪戦苦闘して支払いをしたような感じになったのが前回まで。
 
 実はもう一つ気になることがあって 、商品を受け取っていないのに誤って受け取ったことにしてしまい、これが為にさらに分かりにくいことになっている気がして仕方が無い。
 淘宝はスマホのサービスが充実していて、販売店や運送会社の担当者と電話やチャットでリアルタイムにやりとりが出来る。もちろん中国語なので今まで二の足を踏んでいたのだが、google翻訳アプリを駆使して無謀にも問い合わせをしてみた。

 店のプロフィール写真が川原で腰に手を当てているオッサンなのが気になる。
チャット3 






















商品が到着していないのに誤って受け取ったことにしてしまったと書いたつもり。それに対して「外国の懸案ですね」と言われたような。
私「中国語はしゃべれないので、簡単な返答にして下さい」
店「どのような問い合わせですか?」
向こうもスマホで調べているようで、画面キャプチャを出してくる。
店「国際運送費を支払うようになっていますね」

話が通じているようなので、国際運送費を支払う方法を尋ねてみたがさすがにそれは分からないらしい。


チャット2
    






















 店としては商品を出荷したことを強調し、その後の具体的な操作については分からないと書いてある。
 そのことが書いてある場所を示して、そこを翻訳してくれ、と言われた。
 それは理解しているのでお礼を言って終わり。

 次は運送会社に問い合わせをしてみる。
 営業時間が決まっているようなので、とりあえず質問を書いたら翌日反応があった。
チャット1























 担当者「あなたはお金をすでに支払っています。出来るだけ早く出荷するので根気よく商品受け取りを待って下さい。日本への出荷はこれこれの曜日になり、不可抗力があれば遅れる場合もあります。」
 私「安心しました。ありがとう」
 最後は嬉しそうなスタンプが送られてきて終わり。

 上手くいったのだろうか・・


 以前NHKの番組で紹介されていたように、中国のネットショッピングも大変な競争にさらされており、日本と同様利用者の評価が大きく売上げに影響する為、おかしな中国語を操る日本人利用者にも一生懸命対応せざるを得ないのである。
 リアルタイムで客の質問に答える負担は相当大きいだろう。ましてや中国語の話せない客など・・。店の担当者の困った顔が目に浮かぶようである。

 今回はgoogle翻訳アプリを使ったが、実は中国語の翻訳精度に関してはほとんど当てにならない。
 そこらあたりは次回に書く予定。
 
 どんどん卓球から離れていく・・・・・・・
  

淘宝でラケットを注文したが、どうも輸送がストップしている気がする。
物流详情(配達の詳細)を見ると、【集运】淘宝订单号0000000已入库,请及时登录淘宝账户支付国际转运费と書かれている。
翻訳してみると「[貨物]淘宝網の注文番号0000000は、ストレージに置かれている、速やかに国際貨物運送を支払う淘宝網のアカウントにアクセスしてください」ということなので、追加で運送費を払わなければいけないようだ。
ところがどこで追加料金を払えば良いのか分からない。
焦ってあれこれ押していたら、商品を受け取ったことになってしまった。
さらに焦って色々やった結果、たぶんこれで良いのではないかと思われるので忘れないうちにメモをしておく。
淘宝の分かりにくいところは、何か先方からメッセージがあるときメールは一切使用されないところだ。
中国語が読めればすぐにどうすれば良いのか分かるのだろうが、慣れていないと何が原因で流れが滞っているのかすら理解できない。

メモ


①我的淘宝のトップページから消息(ニュース)を選択。
②服务消息(サービスメッセージ)一覧の中に注文した商品が出てくる。その脇に订单号(注文番号)が出てくるのでそこをクリック。
 ③待集运订单 でなんかする。ここが夢中で覚えていない。2つ注文した中の一つが写真付きで表示されていて、一つにまとめるだか、そんな感じの所を選択すると決済のページになって追加料金を払う
④ 海外物流订单 を選ぶと注文した商品が出てきて出庫待ちとなっている気がする。海外送料¥39.00(616円くらい)と記されている。

進展があったら追加する予定 

このページのトップヘ