卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:粘着ラバー

 例によって色々なレビューに影響されたのと、ブルースポンジの格好良さで購入。
 使いこなせない粘着ラバーが使えるようになる夢を見る。
 Virtuosoに貼って球突きをすると、ターゲットブルーに似た感触がある。ラケットの影響が混じった打球感というか、軟らかいラバーに共通するあの感じ。本当は軟らかくないのかもしれぬが、そう感じてしまう。
 

・・・感想・・・
使用ラケット Virtuoso offensive-
フォア面で使用

 初めての使用でいきなり初対面の人と打つという事をやってしまい、全く扱えず。緊張していて当てるだけになってしまうと弾みすぎてオーバーしてしまう。かといって軽く打つとラケットが弾むのかコントロールが難しい。 
 バック面で使用すれば良かったかと後悔するが、有料の卓球教室で相手がいることもあり、最後まで扱えないかもしれない可能性を考えると、練習開始前のウォーミングアップでメインラケットにチェンジしてしまった。
 
 もう一度リラックスできる環境で試したい。
 輝龍 

 WRM創業祭セールにて購入。
 卓球三昧で練習した後当然のようにWRMへ立ち寄り、1時間ほどおしゃべりをした後購入。
 セール期間中とはいえ1枚買う分にはいつもと同じ価格だが、何か買おうと決心していたので前から気になっていたこのラバーに決定。¥5000でアンドロの良さげなラケットもあったが、今回は見送り。
 持参したグローリーに貼ってもらう。
 重量52g。
 球突きをしても粘着なので弾まないが、キョウヒョウなどと比べれば軟らかく扱いやすそう。

・・・感想・・・
使用ラケット グローリー

 最初はもちろんフォア面で使用。軽くラリーをする分にはあまり特徴が無く、いかにも粘着テンションという感じ。 粘着特有のひっつくような感覚はなく、やわらかいテンションラバーの弾まない版?
 引っ掛かりはあるので下回転サーブなどは回転をかけやすい。
 ただ、ラケットの影響か打球感が好みでは無い。ライズやレガリスレッド、狂飈3-50のようなスポンジが軟らかいラバーに似ている。
 ドライブで真価を発揮するのかもしれないが、良さが分からなかった。
 
 バック面で使用していたプラクソン400がどうにも頼りないので、試しにターゲットをバック面で使用してみる。
 ツッツキがとてもやりやすい。シートがしっかりしているのかしっかり掴む感覚がある。
 継続使用するならバック面ということになりそうだ。
ターゲット 

このページのトップヘ