卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:輝龍

 結局本日使用したのは表題の組み合わせ。
 前回使用した輝龍が上手く使えなかったので、再挑戦した。
 主にフォア面で使用。
 まず下回転サーブの練習をしたのだが 、非常に扱いやすい。粘着のためか擦る感覚がはっきりと分かる。今までで一番やりやすいかも。
 期待が膨らむ。

 練習が始まりウォーミングアップ代わりのラリーをしたのだが、前回同様どうも思ったように打てない。強弱もコースも思ったところにいかない。もしかしたら粘着が邪魔をしているのだろうか。貼ったばかりの粘着ラバーは扱いにくいのかもしれない。
 バック面で使用するとまだ使えるが、弾まないのかネットしてしまう。
 やはりどうにも好きになれぬ。キョウヒョウ8の方が好みであった。
 このラケットが思っているより弾むのかもしれない。
 
 ここでいくつかの選択肢がある。
 ①このまま使い続ける
 ②当初の予定通りテナジー25FXに貼り替える
 ③正月に買った各種ラバーを試す。KingPro メイスプロブルースポンジ など。
 ④キョウヒョウ8に戻す
 ⑤価格を考えてキョウヒョウNEO3にする
 ⑥全く他のテンションラバーにする。福袋に入っていたターゲットプロGT-M43 ?

 さてどうしようか 

 例によって色々なレビューに影響されたのと、ブルースポンジの格好良さで購入。
 使いこなせない粘着ラバーが使えるようになる夢を見る。
 Virtuosoに貼って球突きをすると、ターゲットブルーに似た感触がある。ラケットの影響が混じった打球感というか、軟らかいラバーに共通するあの感じ。本当は軟らかくないのかもしれぬが、そう感じてしまう。
 

・・・感想・・・
使用ラケット Virtuoso offensive-
フォア面で使用

 初めての使用でいきなり初対面の人と打つという事をやってしまい、全く扱えず。緊張していて当てるだけになってしまうと弾みすぎてオーバーしてしまう。かといって軽く打つとラケットが弾むのかコントロールが難しい。 
 バック面で使用すれば良かったかと後悔するが、有料の卓球教室で相手がいることもあり、最後まで扱えないかもしれない可能性を考えると、練習開始前のウォーミングアップでメインラケットにチェンジしてしまった。
 
 もう一度リラックスできる環境で試したい。
 輝龍 

このページのトップヘ