卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:C17

 今回試したのはPalioの17枚カーボンラケットC17にL.D.T.TのEA777とSwordの福袋カーボンラケット。

 EA777(これからは金力度と呼ぶ)は省狂に近い性能で、已打底も必要なく、寿命も長持ちというのがうたい文句のちょっとお高いラバー。
 北京航天さんのお勧めで、かなりのお買い得価格にて購入したラバーだ。
 硬度が硬中軟から選べるので、フォア面用に中 バック面用に軟を貼った。
 前回アウターカーボンラケットに貼って失敗だったので、同じカーボンでもソフトな打球感のC17に貼ったのだった。 
 
・・・感想・・・
 アウターカーボンに貼ったときの硬さが感じられず、むしろ軟らかく食い込む感じ。
 それでいて粘着ラバーらしい引っ掛かりもあるのでフォア打ちから安定する。
 キョウヒョウネオ3より弾みが良く感じた。
 少し離れて打っても程よく弧線を描き、とにかくドライブが入りまくる。
 ラリーがずっと続くので打っていて楽しい。
 弾みはラケットが出すのでスピードも出る。
 
 バック面の金力度軟も好感触。
 引きつけて食い込ませれば回転と弧線を出せる。
 弾けばラケットの力でスピードも出る。
 
 ツッツキが少し浮くのはラケットのせいか。
 下回転サーブもコツがつかめないのか少し弾いてしまうが、慣れの問題だと思われる。
 バックフリックはとても良い。 

 フォア バックともにラケットと技術レベル両面での相性が良く、なるほどショップが押してくるのも分かるラバーであった。
 ラケットのC17は軽く打つと木材、弾くと特殊素材の打球感で、カーボンらしさは薄い。
 それでもブロックの安定具合は特殊素材ならではで、価格を考えれば優秀なラケットだ。

 問題なのは中国製にしては高いラバーであることと、入手の困難さ。
 WRMあたりで扱ってくれれば売れると思われるのだが。
c171
  

 本日は朝9:30から11:30まで卓球教室の後、13:00から17:00まで妻と練習という一日卓球漬けの日。
 相変わらずフォアで下回転打ちが出来ずに嫌になったが、卓球が思う存分出来て楽しい。
 色々用具も試せたので備忘録として残しておこう。

 最初に使ったのは新入りの風林火山(OSP Expert power allround)xエボリューションEL-S x ラザンターR42という王道的組み合わせ。
  風林火山は初めて使用したが、強打するとビーンビーンと手に響く。薄くて上板が硬いせいだろうか。
 ラバーの特性かもしれぬが弾く力は弱く扱いやすい。軽く打ってスピードが出るタイプでは無い。
 EL-Sは軟らかい打球感だが実際は球離れはそれなりに早く、自分としては厚く当てたくなるタイプ。
 サーブの回転はかけやすいが粘着ラバーほどでは無い。 
 ラザンターR42は扱いやすく威力もだせるバックには良いラバー。ちょっと違うラケットで試したい。
 ラケットは苦手な感触かも。同じOSPならVirtuoso offensive-の方が好きだ。

 パリオC17は10枚合板7層カーボンだが軟らかい打球感で、グリップも持ちやすい形状だ。
 サンダーLMも729-08も粘着だが普通に打てる。どちらかといえばサンダーLMの方が扱いやすい。
 妻もC17は好感触だったらしい。

 久し振りのエバンホルツNCTVxキョウヒョウNEO3xレガリスレッド。
 キョウヒョウは定期的に使いたくなるが、相変わらず使いこなせない。
 意外だったのはレガリスレッドが好感触だったこと。バック面でブロックもドライブもやりやすい。こんんなに良いラバーだったんだと再認識。他のラケットに貼ってみたい。

 神龍木はやはり重くて厚い。細かい技などできそうもない。フォア面のエボリューションMX-P特厚をもっと薄くて軽いラバーに替えた方がよさそうだ。

 アルバ テナジー25FX ヴェガアジアDFはやはり良い。弾みすぎず自分で打っている気がする。
 一緒に練習した人に打ってもらったが、弾くラケットが好きな人には不評なことが本日分かった。

 とにかく練習して最後はへろへろになったが、良き日であった。
  

このページのトップヘ