卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:DNA

 スワットと平行してアルバを使った。
 両方のバック面に同じマントラSを貼って、ラケットの違いも試してみた。
 ひたすらバック打ちの練習だったので、両者の違いが良く分かる。
 スワットを使った後にアルバを握ると板が厚く感じた。
 0.2mm厚いだけだが、エラが張ったブレード形状も影響しているかもしれない。
 実際打つと同じ7枚合板とは思えないほど打球感が異なる。
 アルバはしなりをあまり感じない。
 スワットと比べると弾道も直線よりだ。
 その代わりスピードはアルバの方がある。
 早い打点でも押されないので自信を持ってスイングできる。
 そして厚くミートすると「パキン」という大きな音がして気持ちが良い。
 こういうところは単板と似ている。
 
 フォアのDNAはQ5よりドライブを打ちやすい。
 シートが柔らかいのか一瞬の掴む感覚がある。
 なかなか良い組み合わせに思えた。

 練習の後半はアルバばかり使っていた。
 若干重いのが気になるが、それ以外は文句の無い組み合わせである。
  

 買ったばかりのDNA HとヴェガXを貼ったインフォレSを持って、今年最初の卓球教室へ参加した。
 この卓球教室での用具使用感ほど当てにならないモノは無い。
 速い球が来ることはほぼ無いので、しっかり溜めて落ち着いて打つことが出来る。
 結果、弾みの弱い高弾性だろうが粘着ラバーだろうが最新式のスピン系テンションだろうが、難しくて扱えないという事が無い。この卓球教室で使用して素晴らしいと思ったマークVXSとか省狂3などを卓ログ会で使うとガッカリすることになる。
 などと考えながらDNA Hをフォア、ヴェガXをバックで練習開始。
 久し振りの練習なのでとても嬉しい。
 ただフォア打ちをするだけで、十分楽しいのだ。

 最初DNA Hはもの凄く違和感を感じた。
 粘着以外のスポンジ硬度50度を使った経験が少ないのだが、弾みに対するアシストがほぼ無い。
 ラケットが板薄インナーのインナーフォースレイヤーALC.Sなので、特にそう感じるのかもしれない。
 マークVとか高弾性ラバーの様な印象を持った。
 
 ドライブは打ちやすく、強打をすれば当然威力もでる。
 グリップ力に不安は無いが、擦り打つより厚く当てた方が良い球が出る。
 ループドライブを試す機会が無かったが、やりにくくは無さそうだ。
 ラバーの食い込みよりラケットのしなりで回転をかけている感覚で、もっと弾むラケットに貼ったら当然感想も大きく変わりそうである。スポンジの厚さが1.9mmと控えめなのも影響しているかも。
 ツッツキは特別やりやすくも無かった。
 キョウヒョウなどの粘着ラバーの様にはいかず、接線方向の弾みが大きいのか浮きやすく長くなりがちであったが、それはもちろん何度も言うように技術レベルの問題であろう。
 最後にスマッシュ練習を少しやったが、爽快感が少なくスピードも速くは無い。
 これもラケットの性質が影響していると思われる。
 インフォレSは厚くミートをしても素材感をあまり感じない。
 コントロールと回転重視の扱いやすいラケットなのか?
 
 文面を見ると否定的に思えるが、結構気に入った。
 次は個人レッスンとか卓ログ練習会とかで使って試してみたい。

 バックに貼ったヴェガX。
 1.8mmしかなかったので仕方なく買ったのだが、スポンジが薄いの事が好影響を与えているのか、とにかくツッツキがやりやすい。神経質に打たなくてもネットすれすれの低い球を出せる。
 バックドライブも打ちやすく、今のところ悪いところが見つからない。
 ヴェガプロの進化形っぽい紹介だったが、ヴェガアジアDFのスポンジ硬い版のような感じだった。
 もう一つスポンジが厚いのをフォア面に貼っても良いかも。
 ヴェガXは最新ラバーなのに価格も3000円ほどと安く、手に入りやすいので人気が出るに違いない。
 
 
 この卓球教室で楽しむ分には、今の技術レベルと用具で十分満足できる。
 卓球を始めた頃の目標は、だいたい達成したような気がしないでもない。
 

このページのトップヘ