しばらく卓球教室が休みだし、ユーウェルク卓球場は人気があって予約できないし、娘は部活で妻は仕事、つじまるさんは子守で忙しい。
 マズい。
 本当にしばらく練習できないかも。
 
 というわけで早朝に思い立ってLili卓球スタジオのLili HanaReプチ卓球教室を申し込んだ。
 定員2名だがもし1名なら30分の個人レッスンに切り替えとのこと。
 当日のスケジュールを見たところ講師は石川はじめちゃんだと推測できる。
 久し振りに会えるかもと期待していくことにした。

 少し早めに到着したので道行く車を眺めながらアンパンを食べて腹を満たす。
 乗り換えの池袋で買ったアンパンだがすこぶるウマい。
 
 駅から5分も歩けば目的地。
 だが入り口が分からぬ。
 看板は出ているので間違いないが、まさかこのマンションの中?
 IMG_20190326_123935800_HDR




























 警備の人に怒られそうで挙動不審になりながら、こそこそ入り口を見てみると、「ここから店舗へは行けぬ。外周をまわられたし」と張り紙がしてある。
 疑問を抱きつつ道へ戻ってぐるっと回るとそれらしい場所へ。
 ほっとしながら卓球場とおぼしき入り口までたどり着くと、強面のお兄さんが座って一服している。
 再び不安になったが、よく見たら動画でよく見る村田さんであった。
 村田さんがいるならここがLili HanaReに間違いない。
 安心して中に入ると予想通りはじめちゃんが出迎えてくれた。
 もっとも本名での申し込みなので、予約したのが私だとは気がつかなかったようだが。

 LiliHanaReの卓球場は写真で見たとおりのコジャレた空間で、こんな場所でレッスンを受けられるなんて素晴らしいことだ。
 IMG_20190326_145533361_HDR




























 そして予想通り生徒は1人なので、個人レッスンを受けられる。
 これまた素晴らしい。
 はじめちゃとはいつぞやの講習会以来の再開なので、近況報告やあれこれ会話を楽しみつつ、早速レッスン開始。 
 何かやりたいことがあるか、それともお任せにするかと質問されたので、もちろんお任せコースを選択。
 だって何も考えてきていないし。

 今回は基本的なドライブの打ち方をみっちり教わった。
 教わるというか、打ち方を一つ一つ修正して、私に合った打ち方を探していくという、とても贅沢なレッスンであった。
 完璧に私仕様なので誰の参考にもならないが、メモ代わりに書いておく。

対上回転ドライブの打ち方 
①ラケットから引くのではなく、肘から引く
②バックハンドよりのグリップなので、もっとフォアハンドよりのグリップにする
③人差し指をラバーの下端に沿わせる
④面を少し開ける
⑤打点が遅いので、思っているより相当早い打点で打つ
⑥最後は肘が顔の前に来るイメージ
⑦ラケットの下半分に当てると良い感じ
⑧フリーハンドは上げるより引き寄せた方が回転がかかる(紐トレ 井桁)

 最後におまけでサーブを教わる。 
①体の正面より後方で、尚かつ体の側で打つ
②フリーハンドは下げた方が見た目良い


 そうそう、用具のことも書いておく。

 ・最初に使ったテナジー25から初使用のナノスピン2カリスマスポンジに替えた途端、回転数が明らかに落ちてとても軽い球だと言われた。
 スピードは結構出るし回転もかかるが、ミート主体のほうが良さそうなラバーだった。

 ・また重量が180gを超えるとドライブ連打はキツいことが改めて分かった。

 ・弾みすぎる用具を使っていてスピードをセーブする癖があるので、もう少し大人しい用具の方が良いのではとアドバイスをもらった。
 試しにアグリットをフォアで使ったら軽いし十分弾むしドライブもやりやすかった。

 ・はじめちゃんの用具を見せて貰ったら木星2ブルーだった。
 借りて打ったらツッツキがとてもやりやすくて、やはり良いラバーだなと思った。
 また欲しくなってきた。
 


 とても密度の濃い盛りだくさんの練習であった。
 ドライブの打ち方というワンテーマでやったことも良かった。
 何度も良くなってまた戻るという繰り返しで、ちっとも上達しないのが我ながら不思議なのだが、上記のチェックポイントを参考にすれば感覚を思い出せる気がする。
 
 思ったよりも遠くないことが分かったので、是非また利用したいものだ。