卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:TSP

 卓球を始めて間もない頃、クリスマスプレゼントに買ってもらったのがヴェンタススピンだった。
 カタログの宣伝ページを見て、これでドライブが打てるに違いないと色々期待したものだった。
 TSPではカタログトップに持ってくるほど力を入れていたラバーのはずが、当時はレビューも少なくほとんど情報が無いので、どのようなラバーだかよく分からないのが残念だった記憶がある。
 実際使ってみると、そもそも当時はまともにフォア打ちも出来ない状態だったこともあり、思ったより弾むヴェンタススピンは全く扱えず早々に断念してしまった。
 それ以来ヴェンタスシリーズはトラウマのようになってしまい、全く使う気がせずもう二度と使うことはないだろうと思っていたが、最近魅力的なヴェンタススピードの動画が流れたり、ワイハ隊長のブログで繰り返し紹介されているのを見ている内に、段々欲しくなってきたのは我ながら現金な物だと思う。

 とうわけでヴェンタススピードを購入し、メインラケットのスウェーデンクラシックに貼ろうかと思ったが、急遽予定変更をしてVirtuoso offensive-に貼ることにした。
 スウェーデンクラシックはフォア面リズムPなので、バック面にヴェンタススピードでは勿体ないと思ったからだ。

 軟らかいシートに硬めの細かい気泡のスポンジと、いかにも使い易そうなこのラバー、いったいどのようならバーなのか楽しみである。

 カット後重量 46g

ヴェンタススピード1ヴェンタススピード2ヴェンタススピード3


 
  

 普段裏ソフトを使っているが、たまに表ソフトを使いたくなるときがある。
 理由は様々だが、卓球王国の記事だったり誰かのレビューだったり、まあ発作のような物で長続きしないのは重々承知。今回はつじまる師匠との練習で使わせてもらった表ソフトが楽しかったのと、そういえば回転系表ソフトって使ったことが無かったな、という理由から。
 卓球屋の45%引きセールで購入。
 パッケージから出して現物を見ると、非常に美しい。
 何か感動して何枚も写真を撮ってしまった。

・・・初期感想・・・
使用ラケット スワット
バック面で使用

 下回転サーブを試しにやってみると、粒の表面で引っかけて結構な回転がかかる。とりあえず自分が良くやるネットを越えて戻ってくるサーブはできる。
 バックバックの練習をしてみると、やっぱり表ソフトは繊細で、どうも上手く台に収まらない。
 ラリーくらいはそれほど違和感なく出来るが、相手も特にやりにくさは感じないとのこと。
 プッシュの真似事もしてみたが、ネットミスが多い。
 しばらく試して諦めてしまったのだが、家に帰ってから思いつく。
 もしかしてフォア面向きのラバーだったのかなと。
 レガリスブルーとレガリスレッドの関係のように、スポンジ硬度の低いスピンピップスレッドがバック向きだったのかも。
 今度はフォア面で試して見ようかと思う。

 
 スピンピップスブルースピンピップスブルー2

 書いていないラバーが溜まってきたのだが、全く参考にならないことがはっきりしているので書くのも申し訳ないくらいだが、記録として残しておく 

JUICのアウターカーボンラケット カブリオレに合いそうなラバーとして購入。
 購入の決め手は卓球王国のレビューで①食い込んでいるのがとても分かりやすいラバー②それほど弾まないので弾むラケットと合わせた方が良い というコメント。
 ショップで貼ってもらったので重量不明。

・・・感想・・・
仕様ラケット カブリオレF
フォア面で使用

 何しろラケットが弾むのでよく分からず。 
 硬さはそれほど感じず、軽打も打ちやすい印象。
 打球感そのものは安心感があり好きなタイプで、他のラケットに貼り替えて再度検証したい。
 レガリスブルー

このページのトップヘ