卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:V>15Extra

 特殊素材ラケットのカルテットLFCに貼ったV>15Extraが速くて使いこなせず、たいていのラバーを受け入れてくれるスワットに貼り替えた。
 カルテットの時は軽打の時から飛び出しの速かったV>15も、スワットに貼ると普通のラバーになり、扱いにくさが緩和されている。
 ツッツキが浮くことも無く、低い弾道で回転もかかる。
 下回転サーブもきっちり回転がかかり、制御できないと言うことは無い。
 裏面に貼ったエボリューションFX-Sも、おおざっぱに言えばヴェガアジアDFに似ていて、食い込ませてコントロールしやすく、回転もスピードも申し分ない。
 
 ただし、下回転打ちになるとラバーの硬さが顔を出し、私の力では上手く打ち返せない。これに関してはターゲットアルティマ50に似ている。弾いてしまってネット直撃かオーバーを連発。
 あきらめて表面と裏面を入れ替えて、エボリューションFX-Sで打ってみる。
 すると面白いように入る。
 少なくとも下回転打ちに関して言えば、ラザントグリップ、テナジー25FXと似た系列に感じる。
 打ち方の問題なのであろうが、私には軟らかめのラバーの方が適しているようだ。

 久し振りにスワットを使用して気がついたのだが、打感がトランポリンに似ている。
 球を受け止めると一度力を吸収してから復元する力で弾き返す。
 特殊素材は硬い板のイメージで、どこに当たっても吸収せずそのまま反発する。

 強打の時はまた違った感想になるとは思うが、 スワットの扱いやすさを再認識した。

前回扱えなかったVICTASのV>15Extraに再度挑戦。

最初はいつものように軽いラリーから始めると・・・普通に打てる。
ただしラケットのせいなのか球足が速い。
軽く打ってもすっ飛んでいくので、楽と言えば楽だが用具に振り回されている感がありあり。

下回転を持ち上げるとき、打点を落としてしまう癖があるので、修正しようと早い打点で角度打ちの練習をする。 
自分の中では少し面を上に向けて載せて弾くイメージなのだが、思ったより上手く打てる。相手の球にあまり回転がかかっていないせいかもしれないが、決まると嬉しい。
そしてとにかくスピードがある。当然相手の返球も速い。まるでラリーが続かない。バック面のエボリューションFX-Sはそれほど速度のあるラバーではないと思うのだが、ラケットの影響かこちらも初速があって速度のコントロールができない。

ツッツキの練習をしたのだが、これがまた上手くいかぬ。
上方に弾いてしまって台に収まらない。決まれば高速ツッツキとなり威力があるのかもしれないが、慣れないせいかやりにくくて仕方が無い。

カルテットLFCに弾むラバーや硬いラバーを貼ってしまうと扱えないことは、様々な経験から分かっているはずなのに、またやってしまった。

喉元過ぎれば熱さを忘れる である。

半年に一度の卓球屋セールで4割引で購入。
購入の5分くらい前までは同じV>15でもLimberを買うはずだったのに、いつもの悪い癖でより上級者向けの方を選んでしまった。
以前買ったVICTASのラケット カルテットLFCに、同じVICTASのラバーを貼ったら良い感じ?
ちょっと丹羽選手の気分を味わえるかも。
高速カウンター卓球をしている自分を想像して楽しむ。

中にはこんなこじゃれた紙が入っている。
v15紙 







スポンジは気泡が見えず、スピン系というよりスピード系の面持ち。
カット後重量 48g

・・・感想・・・ 
使用ラケット カルテットLFC
フォア面で使用

最初に相手をしてくれたのがペン粒の方で、打つ球打つ球全てオーバー。たまに入るともの凄いスピード(当社比)だが、めったに入らず。いつものスイングだとまるで掴む感じがせず安心感が無い。
これは駄目だと一旦使用をあきらめた。
裏ソフト同士のラリーから始めないと全く感じがつかめそうにない。
 V>15 Extra

このページのトップヘ