卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:WRM

 私はWRMが好きだ。
 なぜならワクワクするような話題を常に提供してくれていたから。
 もちろん技術動画も参考にしたし、用具関連の動画などは何度も何度もすり減るくらいに見たものだ。
 そもそもLivedoorブログを選んだのも、WRM関係のブログがLivedoorブログなので、卓球好きの人の目にとまりやすいと思ったから。
 そんな私が今まで書いたWRMについての真面目な記事がこちら。
 
















 個人的な考えだが、最近ちょっとWRMがおとなしい
 もちろん感じ方は人それぞれで
 今まさに動画を見たりブログを読んだりして夢中になっている人もいるだろうし
 何年も前に離れていった人もいることだろう

 わたしにとってWRMが一番楽しかった時期はいつかな、と考えてみると
 2016年末から2018年にかけてが今のところピークだった気がする
 ピークというと語弊があるな
 これからまだまだ楽しませて欲しいし

 

はじめちゃん入社

16年11月

Virtuoso 発売

17年1月

ラバーガール 発表

17年3月

Ares発売

17年6月

XIA 物申すシリーズ

17年7月

APOLLO5発売

17年9月

WRM×古武術卓球 ヤンキー打法

17年12月

ぐっちぃ USオープン出場

18年1月

木星2ブルー発売

18年2月

はじめちゃん退職

18年10月




 この時期というのは
 Ares アポロ5 木星2ブルー Virtuoso が相次いで発売し
 はじめちゃんが中心となって体の使い方動画を次々と投稿し
 ぐっちぃさんがUSオープンで活躍して
 チャパリータさんが卓球セクシーカレンダーを販売した時期
 
 癖の強すぎる既存メンバーの中で、新人のはじめちゃんが程よい緩衝材になっていたような気がする
 
 そろそろフレッシュな新人が登場、とか新しい動きがないものか
 コロナ不況で採用も難しいのかな







 例によって練習相手が見つからず、お金で解決することにした。(嫌らしい言い方)
 今回利用したのは久し振りの「卓球三昧」。
 人気があってなかなか利用できなかったのだが、珍しく一枠だけ空いていたので予約をしたのだ。
 約一年ぶりの教室。
 1時間30分で¥1700円なので気軽に利用できる。
 ここは基本的に生徒同士の練習で、ローテーションしながら先生から二度ほど指導を受けられる。
 あまり上手は人ばかりだと緊張するが、程よい感じでリラックスして受けられた。

 ちなみにラケットはアルバ+テナジー25FX。
 1年半くらい前まではずっと使っていたラケットとラバーで、 今の自分には合っているような気がする。
 球持ちが良いというか柔らかく包み込むような打球感で、フォアもバックも安定感抜群。
 弾くよりしっかり掴んで回転をかける打ち方に向いている。
 もっともあまり回転がかかっていないと先生から言われたけど。

 目一杯練習した後はお楽しみのWRMへ。
 珍しく先客が2人いて、お腹がすいているし早々に引き上げようか迷ったが、せっかくだからと待つことに。
 購入を待つのでは無く会話の順番待ちなので、普通の店ではありえない話だ。
 今回も何だかんだと長居をしてしまい、商売の邪魔をしないように何度も帰りかけては再び話し込み、気がつけば2時間30分。空腹で腹が鳴って困った。
 実はアレスを買おうと思っていたのだが、最近ちょっぴり成長して、本当に必要かどうか自問自答したあげく見送ることに。
 話題のAXFも私物のをちょっと触らせてもらった。触っただけなので感想は無し。
 スーパーキムのスポンジを触らせてもらったり、神威の話をきいたり、私物のラケットを見せてもらったり、相変わらず盛りだくさんで、すでに記憶が曖昧になってきているが・・

 休日の過ごし方としては贅沢な一日であった。 

 いつかは行こうと思いつつ、遠いのと営業開始時間が遅いのとあり、なかなか行くには至らなかったWRM蘇我店。今回は旅行気分で1人ぶらり旅。
 特に買いたい物があるわけでも無いが、ガネさんがもしいたらラケットにサインをもらおうと一応ラケットを持参。
 image




















 電車を乗り継ぎ蘇我駅に到着。迷いようも無いくらい駅の側に店はある。
 あるにはあるが知らなければ一生気がつかず前を素通りしてしまう謙虚な構え。
 この辺は高田馬場店も同じなので、何か深い意味があるのかも。
 P_20171012_125838



















 写真左奥の小さい方のビルに入っているが、この位置からでは存在を示すモノは無い。

P_20171012_120734




















 この看板に気がつく人はそうとう注意力がある人だね。
 
 エレベーターで3階に上がると、床屋さんとなんかの教室と空き部屋があり、こちらかと思ったらトイレだったよ。右の奥の見えない位置に入り口があるんだね。
 
 P_20171012_130052




















 ここが入り口ね。ここから見た眺めはちょっと卓球ショップには見えないね。お堅い事務所のように見えるけど心配しないで。ここが目的の場所だから。
 なんだか文体も変わってきたけど、気にしないでね。大丈夫、誰かが憑依しているとかじゃないから。

P_20171012_130625







 ほらね、中に入るとちゃんと卓球ショップでしょ。

P_20171012_130632







 立派な卓球台もあるし、ラバーやラケットがきれいに陳列されているね。
 カウンター内でスタッフさんが美味しそうなカップ麺を食べていることがあるかもしれないけれど、WRM高田馬場店でもよく見られる光景だし、慣れているから何とも思わないよ、ホントに。逆にアットホームで居心地が良いとか思っちゃうね。
 
 店番していたのは石川さんだったよ。
 動画やブログでははじめちゃんと呼ばれているけれど、なんと呼べば良いのか迷うね。
 はじめちゃんでは馴れ馴れしいから、ここは石川氏と呼ぶべきかな?それともはじめちゃんさん?
 普通に石川さんでいい?
 だよね。普通そうだよね。
 どうも余計なことを考え過ぎちゃうんだ。
 
 石川さんの事だけど、優秀な人だね。なにせ2回しか会ったことが無いのに娘が卓球をしていることまで覚えていてくれて、いろいろ話しかけてくれるんだ。これは嬉しいことだよ。
 嬉しくて何か買おうと思ってしまう。まあ、せっかくここまで来たから何か買ってやれ、ってのが本音ではあるけど、本当に必要な物が無ければそのまま帰ってしまう可能性はあるからね。
 
 肝心の商品はどうかというと、もし例のアレスがあったら買おうかなあ、でも品切れしてるんだろうなあ、何て軽ーい漠然とした目的しか無くて、何も無かったら水星2ブルースポンジでも買おうかしら、何て思っていたら、あるじゃんアレス。その横にはこれも新作のアポロ5が。
 
 これはむしろ困ったことになった。
 そしてまた文体が変わったようだ。憑依がとけたか・・
 
 困ったというのは大して困ったわけでは無いが、アレスは絶対使いこなせない気がしているのだ。
 今は使い易い用具を探求する波が来ているので、その波に逆らうことになる。
 それでも欲しい気持ちからすると、アレスは欲しい。

 店員さんとの会話の中で、アレスは翔龍に似ていてアポロ5は弾むキョウヒョウとの感想を聞き、他にもちょっと書いて良いかどうか迷うことも聞いて、最終的にはアポロ5を買うことにした。
 店に来るまでアポロ5を買うつもりは無かったのだが、黒いメンバーズカード(は無駄遣いの印)を持っていればいつでも中国ラバーは安く買えるので、そう高くは無い。タオバオで買うよりはるかに安い。
 会話の中でちりばめられたヒントからすると、アレスよりアポロ5の方が私には良さそうなのでこちらにしたのだ。
 
 Tリーグの話をしたり、中学校部活動における指導者不足の話をしたあと、あまり商売の邪魔をしても悪いので、そろそろ引き上げようかと思ったところで「少し打っていきませんか」とありがたいお言葉。
 打っていきますとも!

 長くなるので省略するが、まるで個人レッスンを受けたような気分である。
 単純に打たせてもらうだけでも嬉しいのに、色々アドバイスと練習方法まで教わって、これは往復4時間かけて来ただけの価値がある。
 試打用ラケットも豊富に有り、気になっていたカムイも打たせてもらった。
 
 あっという間に時がたち、気がつくと2時間もいたことに。

 WRM高田馬場店といい蘇我店といい、なんか居心地が良くてつい長居しちゃうんだよね。
 あ、また憑依。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 5月のGWセールに続いて6月はWRMの決算セール。
 この辺の流れはさすがに覚えていて、楽しみにしていた。

 チラシを見る限りいつもと同じ内容なので、ノンビリ平日に行くことにした。
 開店とほぼ同時に入店したが、既に1名客がいて、その後も2人入店。
 今回のチラシには載っていなかったが、B品ラケットとB品ラバーの販売が有り、知っていたらもっと早く来たのにと少し後悔。ラケットはやけに高いものと、ディフェンス用のみ残っていた。
 
 目的は妻の買い換え用のエボリューションMX-Pを買うこと。
 価格はいつもと変わらぬが後で使える500円クーポンを考えるとお買い得といえる。
 自分用にはバック面用に再びプラクソン450と、発売間もないブレイクプロブルースポンジを購入。
 ブレイクプロは何度も買って一つとしてしっくりきたモノは無いのだが、つじまるさんがブレイクを使ったときの鋭い弾道を思い出して物は試しと買ってみた。
 合計金額で条件を満たしたので、選べるプレゼントとしてメイスプロブルースポンジのB品をもらう。
 後は恒例のサイドテープガチャをやって終了。
 
 
 昼過ぎから用事があったので滞在時間は短かったが、イベントとして参加できて良かった。

  WRM

 東京で会議があったので当然のように高田馬場へ。
 今回は一応目的があって、ラザンターの硬度が低くて薄いタイプ、つまりR42かV42の1.7mm または2.0mmを購入しようかと思っての訪問であった。
 もう一つ迷っていたのが前回購入を見送ったTIBHARのB品ラバー。もしまだ残っていたら以前から欲しかったエボリューションMX-Pをこの機会に買おうかと思っていた。
 散々迷ったがラザンターはいつでも買えるとの判断で、お買い得になっているエボリューションMX-Pを購入した。ラザンターだったらVirtuoso offensive-に貼ろうかと思っていたが、エボリューションMX-PならカルテットLFCに貼ることにしよう。それとも本日夜に注文したOSPのExpert power allroundにしようか。注文中の中国製単板シェークという手もある。バック面は中国から買ったドニックのブルースT1かな。 
 エボリューションMX-Pは妻が継続使用しているので何回か使わせてもらったが、とても良い印象を持っている。 そもそも自分で買おうと思っていたのに妻に先を越されて購入しなかったラバーなのだ。いつかは買う運命だったのがたまたまその日が今日だったにすぎない。
 OSPのラケットを注文した話はまた次回。今回は新しい試みもあるのでどうなるか楽しみである。 

 卓球三昧で練習した後当然のようにWRMへ。高田馬場まで練習しに行くのはWRMが駅前にある事が大きい。

 一応目的は新しいラケットがちょこっと、ほんのちょこっと欲しくなったので、価格の安い天王星3を買おうかどうしようかというところだったが、品切れしていたので逆にほっとした。
 店に1時間30分以上滞在してしまったので、もはや何の話をしたか全て思い出すことは不可能だが、色々為になる話や共感できる話があって、楽しい時間であった。長居して何も買わないのも失礼なので卓球王国を買った。それとサイドテープガチャを一回。ちょうどTAKZINEの出る日で新しい号を貰えたのも良かった。

 テナジー25FXに似たラバーを訊ねてみたが、こちらは望み薄そう。高いラバーなので代わりのラバーがあると良いのだが。ぐっちぃ氏のブログでテナジーに似たラバーシリーズがあり参考になるのだが、25FXに似たラバーという記事はないのだ。
 OSPの話でOrigoという初級者向け位置づけのラケットがあるのだが、本家ショップページにOrigoのオプションとして存在しない文字入れやグリップの変更も依頼できるそうだ。これは良い情報である。娘に購入を考えていたが、せっかくだから名前を入れたりできるといいなと考えていたのだ。英語で頼むのは不安だが・・。私物のラケットで軽く試し打ちをさせていただいたが、とても感触が良い。売り方を誤らなければ日本でも売れるだろうという話をする。プロモーションこそWRMさんの得意とする分野ではなかろうか。
  ラバーに気泡を入れない貼り方や、貼り替え時のコツもしっかり聞いてきた。丁度お客さんが1枚買ってラバーを貼ってもらっていたので間近でじっくり見させてもらった。あのローラーが欲しい。
 

 ナルコさんのブログを見ていたら急にWRMに行きたくなり、高田馬場へ。
 早く着いたので国際卓球で卓球王国を買う。
 輝龍は売っていなかった。
 一応本日のテーマは、V>15Extraの替わりにカルテットLFCに貼るラバーを買うこと。
 まあ、趣味の世界なのでそれほど真剣では無いが。
 WRMは他にお客さんは1人だけで、スタッフの方と今度取り扱うOSPのラケットの話や、ブレードやグリップの形状の話をした。
 肝心のラバーは水星2ブルースポンジが良いような気がしたが、あえてノーマルキョウヒョウ2を購入。
 理由は重量が軽めなのと、WRM性能表でスピード遅く、引っ掛かり 球持ちに優れいてる位置づけのため。弧線はラバー、スピードはラケットで出す筋書きだ。
  正直使う前から駄目そうな気配がぷんぷんする。
 早く試したいが、裏面に貼るラバーを決めないといけない。 
 さて何にしようか。
  

 先週も行ったような気がするが、雨の中高田馬場へ。
 11:30ころWRMに到着。さすがに開店している。
 お目当てのB品ラケットとラバーは見当たらず、店員さんに確認したところ元々入荷が少なかったとの事。中ペンなら残っているという予想は見事に外れた。3連休はさぞかし混んだことでしょう。
 1本だけあると出してもらったcornilleauのグローリーがデザインも良く、せっかくだからと購入。cornilleauのガシアンシリーズをいつか購入したいという夢が思わぬ形で叶ってしまった。元値を調べてもらったらあまりにも高額で驚く。サンプル品かもしれないが満足度は高い。
 ラバーは迷ったがメイスプロの44度を購入。
 気になっていた冬用ウェアは在庫もあって見た目も良かったが、冬でも動けば暑くなる事を考えると必要性が薄いかと今回は見送り。
 いつも思うが店員の小川さんは気さくな方で、色々為になる話が聞けて、それでいてしっかり接客をしてきちんと商売をしている。なかなか得がたい人材では無かろうか。

  それにしても本当は買い物より練習がしたいが怪我ではどうにもならぬ。
  買ったラケットを眺めて気を紛らわすにも限界があるよなあ。

 怪我で卓球は出来ないが、せっかくの休みに家にいるのも勿体ないので、雨にもかかわらず高田馬場へ。
 まずは開店と同時に国際卓球。
 実はなぜか定期的に来る中ペン興味期に入っており、唯一所持している中ペンのバーンOFFが使いにくいのは板厚が厚いせいではないかと考え始め、板が薄くて弾みのよい低価格の中ペンを探していたのだ。
 スワットCHNなど今まで全く見向きもしなかった中ペンの棚を見るのは新鮮である。
 国際卓球は真面目に用具を選ばないといけないような、チョロチョロ遊びでラケットやラバーを買うことは許されないような、勝手なイメージがあって後ろめたい気持ちになる。
 「あれっ、お客さんラケット アルバ買ったばかりですよね?しかもシェークでしたよね。今度は中ペンですか?そういえばしょっちゅうラバーも買ってましたね?私接客した記憶があるんですけど。真剣に卓球する気がないんでしょう。いるんだよなあ、素人のくせに用具ばっかり変えたがる人。用具買う前に練習した方がいいんじゃないの。」
 とか言われる妄想に囚われて落ち着かない気分になる。(もちろん実際は全くそのようなことは無い、です、よね?)
 あれこれ見た後プラ3スタープレミアム3個入りを購入。
 時間を潰してWRMに行くが案の定時間になってもオープンしていないので、俺の空で「俺の掛け豚そば」を食す。
 11:30頃WRMに入店。客は雨のためか自分一人。少しレイアウトが変わっていて、いつも卓球台の上に並べてあった中国ラバーが奥の棚に移動している。ボリューム感がでて売り場として良くなっている。
 代わりに卓球台の上にはラケットケースが並べてあり、見たことの無いデザインで気になる。特にXIOMの¥3500のものはシンプルなシルエットながら素材感やデザインに優れており、お金に余裕があったら買うことを勧める。
 店番をしていた小川さんから新作のエボリューションSシリーズの説明をきき、試打用ラケットで球突きをさせてもらう。左手が使えないと球突きすら思うように出来ず歯がゆい。
 ちなみにEL-SとFX-Sの違いは球突きくらいではわからぬ。 今使っているテナジー25FXと似ている気がしたが気のせいであろう。
 アルバのバック面でヴェガアジアDFの次に使うラバーとして考えていたので、結局スポンジの軟らかいFX-Sを購入。EL-Sを買わなかっただけ成長したなと思ったが、オレンジのメンバーズカードから黒いメンバーズカードにグレードアップしたことにより、中国ラバーと中国ラケットの割引率が上がることが判明し、またぞろ物欲が騒ぎ出す。
 ラケットの棚をじっくり眺め、手の届きそうな価格の天王星 金星 地球の中ペンを握っては戻しを繰り返し、一番安い天王星を買いそうになったが立野Bさんが持っていることを思い出してとりやめ、地球が握りやすいなと悩み、散々迷ってそんなにラケットはいらないだろうと至極まともな結論に達し店を出る。
 無駄な買い物をせずまたもや自分の成長を感じる。

 気がつけば1時間以上店内にいたことになる。週末からセールが始まるのでまた来ることにしよう。ラケットのB品、中ペンは結構後まで残っていることが多いのは今までの経験上知っているのだ。(全く成長していない)
 
 

このページのトップヘ