卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:XIOM

 卓球王国で紹介されてからずっと欲しかったラバー。動画でも欠点が無い素晴らしいラバーと言われていて、後はいつ買うかタイミングの問題だったが、何故か後回しにされていた。
 今回の卓球屋セールに合わせて購入した。3枚買った中でメインの扱い。
 スポンジは気泡が大きくラテグルーでは接着が不安だが、深夜で眠く正常な判断も出来ず貼ってしまう。
 仕上がってみるとグリップ寄りの一部で接着が甘い。一気にテンションが下がるが後からその部分だけ接着をし直す。
 ラバーカットもハサミの方が良さそうだと思いながらカッターで切ってしまう。
 スポンジ部分がぽろぽろと崩れるタイプで、これも失敗。サイドテープでごまかすことに。
 重量計測も忘れる失態。
 ラバーはしっとりとして粘着があるかのよう。いかにも高性能っぽい。

・・・感想・・・ 
使用ラケット スワット
フォア面で使用

 軽打から安定して打てる。
 引っ掛かりがあるのか安心感があり、強弱も付けやすい。 
 離れて強打をすると金属音がして心地よい。
 練習相手はいつもと比べてスピードがあると言っていた。テナジー25FXよりは速いと思う。
 サーブも切れるし、ツッツキもやりやすい。
 打球感も良い。スワットとも合っている。
 これはメインで使いたいラバー。
 バック面に表を貼ってしまったので、 途中退場となるがそれがなければ一日同じラケットでも良かった。
  ちなみにスワットは一番最初に買って、尚かつ一番酷使されているのでぼろぼろである。それはもう痛々しいほどに・・・

  スワットオメガVツアーオメガ

以前ヴェガアジアDFについて書いたとき、あまり好意的に書いていなかったので、しばらく使用した上で再度感想を記しておく。

使用ラケット アルバ
バック面で使用

最初は頼りにならないふにゃふにゃラバーの様な印象を持ったが、それは誤りであった。
卓球を始めて2,3年の私にとってはとても扱いやすく性能も高いラバー。
初級者はツッツキをする機会が多いと思うのだが、ぐっと掴んでコントロールがしやすく、ポワンと浮くことも無い。勢いを殺すことも、鋭くツッツキで攻めることも割と自在に出来る。
球を掴む感触に優れているので下回転に対するバックドライブも打ちやすい。
スナップをきかせて弾き出すとスピードもしっかりとでる。
これまた初級者に多い、難しい球に対して当てただけの返球でも、それなりの球が出る。
重量も2.0mmで44gと軽めだ。


これから新しいラケットを組むとき、バック面にこのラバーを選ぶことになりそうである。

 アルバのバック面に貼ったターゲットアルティマ47.5mmが、直線的な弾道で不安定な気がして軟らかく使い易そうなラバーを探していた。
 いつもシリーズの中で一番高性能なラバーか、WRMで紹介されている粘着ラバーを買ってしまうせいで、ほどよい性能のラバーを所持していない。
 引っ掛かりがある程度有るが回転の影響は受けすぎず、スピードはそこそこ、弧線を描くが飛びすぎないラバー。弾くより食い込ませてコントロールできる軟らかめで新しいラバー。
  結局決め手になるのはいつものように卓球王国のレビュー。個性は少ないが使い易そうである。
 大宮卓球で購入。大宮卓球はなぜかXIOMは15%と割引率が低い。 
 カット後重量44g。クタッとしているしんなり系ラバー。

・・・感想・・・
使用ラケット アルバ
バック面で使用

 購入前の想像通り、癖の無いラバー。
 ターゲットアルティマ47.5と比較すると、弾いたときのスピードやツッツキ サーブの威力に劣るが、強弱のコントロールはつけやすい。
 なんだか頼りない打球感だがライズやレガリスレッドとは異なり自分で打っている感はある。
 軽い打球感はラケットもラバーも軽く総重量175gと軽量なことも影響しているかも。
 
ヴェガアジアdf
  

このページのトップヘ